観戦日記ーCheer up!ー


2018/07/08 教育1次リーグ第一試合 横浜商科大戦


スターティングメンバ―

二 倉嶋(武相)
中 国本(知徳)
捕 中川(厚木北)
右 日下部(横浜隼人)
三 宮尾(横浜商大)
指 峰 (日本航空)
一 清水(東海大菅生)
遊 弘中(川崎北)
左 柴田(立花学園)
投 大和(磯子)

選手交代:中川~海邊(川崎北)、大和~福島(横浜創学館)

6回まで三者凡退の連続。
快音が聞かれることがなく、それどころか完全試合を喰らうのでは・・・
そんな雰囲気すら感じ始める試合展開。
7回。
先頭の倉嶋に内野安打が出て、その不安こそなくなるものの併殺でこのランナーを生かせない。
ところが重苦しいムードが一変したのが、8回。
先頭の日下部がヒットで出塁。
一死後、峰が逆風をものともせずレフトオーバーのタイムリーツーベースを放って反撃ののろし。
清水が倒れ二死になるが、弘中が値千金の同点タイムリーツーベース。
続く柴田も左翼線に運んで一気に逆転。
さらに柴田はピッチャーのモーションを完全に盗んで三盗を決める。
この時の投球がワイルドピッチとなって柴田は一気に三塁を蹴ってホームにヘッドスライディング。
4点目を挙げた。

投げては先発の大和が立ち上がりに失点。
しかし、一死満塁のピンチを凌いでからズムを取り戻すと見違えるピッチング。
2回以降は完璧なピッチングで6回までを3人ずつで退ける。
7回から救援した福島も1安打ピッチングで逆転勝ちを演出した。

反撃のタイムリー2塁打。
峰(日本航空1年)

 

同点のレフトオーバー、弘中(川崎北1年)

逆転のタイムリー2塁打を放った柴田は、三盗を試みた際WPに乗じて一気にホームへ!!

 

丁寧に低めをつき、伸びのあるボールでアウトを積み上げた大和(磯子3年)

 

好リリーフで逆転勝ちに貢献、福島(横浜創学館3年)

 

2018/07/08 教育1次リーグ第一試合 関東学院大戦

スターティングメンバー

遊 倉嶋(武相)
二 鈴木(本庄一)
捕 中川(厚木北)
右 日下部(横浜隼人)
三 宮尾(横浜商大)
一 白須(立花学園)
指 米田(麻布大附属)
左 野村(川崎北)
中 国本(知徳)

選手交代:中川~海邊(川崎北) 野村~金成(寒川)
代打:鈴木~宇治田(東海大甲府) 日下部~新村(大和南)

選手層が厚く、1部の上位校である関東学院大には完敗。
それでもこのチームと公式戦で対戦出来た経験は、これからの取り組みには大きく影響するだろう。
先発マウンドの湊は真っ向勝負で臨み、痛打を浴びながらも
自身の武器であるストレートでグイグイ押した。
まだ下半身が思うように使えず、上体頼りの部分があるが
トレーニングを積み土台が出来てくれば・・・そう期待を持てる投球を見せてくれた。
救援の大野も故障からようやくマウンドに上がり始めたところ。
1部で勝利を収めたことのある投手。
伸びのあるストレートが徐々に戻りつつあり、前途に光が射してきた。

打線は4安打に抑えられてしまったものの、2死ランナーなしから
国本のヒット、盗塁から、倉嶋の安打で得点するなど
目指すべき形を示す部分もあった。

将来性、伸びしろを感じさせた湊(中京学院大中京1年)

 

レフトへ流し打ち、バッチングスタイル確立へ国本(知徳2年)

 

一二塁間に挟まれる倉嶋(武相2年)

 

自慢の守備で好守連発、野村(川崎北1年)

we can make it!

Cheer up!


2018/04/29 田園調布学園大第2戦

大勝の後の試合は得てしてこのような展開になってしまいがちです。
大振りしているという意識は選手の中にないのでしょうが、
気持ちがイケイケになっている分、どこかに余計な力みが入ってしまうのでしょう。
相手のエラーに助けられなければ、もうすこし競った展開になっていたでしょう。
ですが、そんな時こそピッチャー陣がそれを補えばいいこと。
この日は4年生3人のリレーで逃げ切り勝ち。
先発の瀬間投手と中継ぎの山口投手が4イニングずつをしっかり0で抑えてくれました。
3番手で登板した久冨投手はエラー絡みの失点で、やや不運な部分も。
ボール自体は悪くありませんでした。
また、
前日、初出場で初ヒットを放った根本選手がこの日もヒット。
連日の活躍にベンチのムードが上がったのでした。

それでは、試合風景をお届けします。

ようやく今季初勝利。
オープン戦の安定感を取り戻したか!瀬間投手(横浜隼人4年)

制球安定で好中継ぎの山口投手(横浜商業4年)

この試合も良く声が出て、ベンチの中はいいムードです!

悔しい2失点も、ボールには威力あり久冨投手(東京学園4年)

リーグ戦初出場、児玉選手(寒川3年)

なんと!この日もヒット根本選手(横浜桜陽4年)

復調が待たれる、宮尾選手(横浜商大2年)

連日の代打成功!倉嶋選手(武相2年)

この日はノーヒットも、打点はきっちり。日下部選手(横浜隼人2年)

後輩の突き上げ、今が踏ん張り時宮田選手(横浜創学館4年)

we can make it!

Cheer up!


2014/04/28 田園調布学園大戦

第2週の東京工芸大戦に連敗。
完全に力負けだったと首脳陣が振り返るように、2部リーグの各大学の戦力は確実に
上がっています。
勝ち点は落としてしまいましたが、必ずや混戦になるはずです。
ここから仕切り直しで、残された試合を「全部取りに行く!」
そんな気持ちを感じさせるこの日の田園調布大戦となりました。
今季絶好調の日下部選手が公式戦初ホームランを含む4安打。
2塁打が出ていればサイクルヒットでした。
やや「らしさ」を欠いていた山下選手にもランニングホームランが出ました。
これをきっかけに本来のバッティングを取り戻してくれるでしょう。
そして、何よりうれしいのは「あの男」が打ってくれたことです。
根本岬選手が、公式戦初出場、初打席、初安打、初打点!!
お世辞にも巧い選手とはいえず
初めて湘南大神グラウンドで見た時は正直、「よく入部しようと思ったな・・・」という感想を抱いたのを覚えています。
それでも根っからの野球好きの彼は、
野球に携わることの嬉しさを支えに、多くの時間を裏方に徹してくれました。
そんな彼に、公式戦でヒットを打たしてやりたい・・・。
それは首脳陣の総意でもありまた、チームメイトの思いでもありました。
そしてこの試合。
初めてそのチャンスが巡ってきた彼。
一死満塁の場面で迷いなく初球をフルスイング。
ボールはライトの正面へ。
地面ギリギリのところで捕られるかという当たり。
この時ほど「撮るな!」と思った時はありませんでした。
ボールがグラウンドで弾み、ヒットになった瞬間はスタンド、ベンチから歓喜の拍手が沸き起こるのです。

彼のこのヒットをきっけけに
このチームの逆襲が始まる・・・そんな気がするのです。

それでは試合風景をお届けします。
公式戦初ホームランの日下部選手、右(横浜隼人2年)
初球のストレートでした。
実はネクストの宮尾にホームラン打ってくると言って打席に入ったんです!という
「予告ホームラン」だったそうです。
また、このホームランで5試合目にして早くも15打点目。
絶好調にあるのです。
ただ・・・打点を数えてるようではまだまだ甘いですよ(笑)
無心で行かないと、欲が出てこの後プッツリ・・・なんてことになりかねません。
これからも「止まらず」に打ち続けてくださいね!

根本岬選手、左(横浜桜陽4年)
よく初球から振れたね・・・。という問いに
「打席に向かう直前に、国本がインコースの真っすぐが来るとアドバイスしてくれたので、張っていました!落ちてくれて(打球が)嬉しかったです!」とややはにかみ気味の笑み。
「これで、4年全員公式戦でヒットを打つことが出来ました!」と嬉しそうに続け
胸を張る姿は輝いていました。

大量リードの中完投させたところに、首脳陣の期待の表れ、沼田投手(相模原総合3年)

ホームランの日下部選手を讃える選手たち

ベンチからも「いい声」が出ています

おかえり、主砲!! 宮尾選手(横浜商大2年)

1年生らしい溌溂としたプレーを見せる鈴木選手(本庄一1年)

カッコは良くないが最高位カッコいいヒット!根本選手(横浜桜陽4年)

 

今日はサポートメンバーたちの応援も植村選手(知徳3年)

次回は田園調布学園大との第2戦をお届けします。

we can make it!

Cheer up!


2018/04/16 開幕週、防衛大学校:第2戦

松蔭大学硬式野球部の10年目の春が開幕しました。
この大事な時期だというのに、開幕週・第2週と私用で試合の様子をお届けすることが出来ないこと
お許しください。
ですが、日曜日の試合が雨で流れたため
富山にいたのですが、前日の最終の新幹線に飛び乗って第2戦の様子を見ること、お届けすることができました。

初戦を大勝で飾って臨んだこの試合。
公式戦の初先発に燃えていたであろう瀬間投手でしたが、気持ちが空回りしてしまったのか、オープン戦でほぼ点を取られることがなく、信頼を得たピッチングができませんでした。
ですが、チームが負けなかったこと。
また、オープン戦の実績で勝ち取った先発2枚目ですから
次のチャンスは与えられるでしょう。
その時に、これまでのピッチングを見せてもらいたいところです。

相澤コーチの口から、「負けないで良かった。負けたら悔いが残る試合になっていたし後に引くものになっていたかも・・・」という言葉がありました。
思うようにいかなかった選手も多かったが故の8失点。
取り返しのつかない・・・悔いにならなかったのですから
気持ちを切り替えて「次を」見据えて欲しいところです。
試合後に悔しさをあらわにする選手も多くみられましたが、
勝ち試合で失敗できたことは、考え方を変えればラッキーです。
失敗を次にどう生かすか・・・。
この日の失敗で見限るようなチームではありません。
次にどうつなげるかが大事なのですし、それを期待してチャンスは与えられるでしょう。

いいプレーも随所にありました。
いや、いいプレーの方が多かったのは事実です。
外野手の捕殺プレーだけでも3つ。
内野手のファインプレーもありました。
攻撃も思い切りのいいスイングで13点を挙げました。
三振は多かったですが、コツンと当てにいくよりも
強く振ることが出来ているこのスタイルでいいと思いますし、
振ってくるイメージが利いて相手投手のコントロールを狂わしたのでしょう。
これからも、三振を恐れずに強くスイングしていって下さい。

それでは試合風景をお届けします。


思うような投球にほど遠かった瀬間投手(横浜隼人4年)この借りは次回で返そう!

いいプレーをたたえ合う選手たち。オープン戦で培ってきた一体感を体現!

好返球、一閃!本塁生還を阻止するスローイング、富塚選手(武相3年)

久々の公式戦マウンドの久冨投手(東京学園4年)と小宮捕手(茅ヶ崎西浜4年)

無死満塁からの登板も、連続三振などらしくないピッチングで最小失点で切り抜ける。ただ、5人で4三振を奪う投球が逆に後の力みを生んでしまうのです 山口投手(横浜商業4年)

4番らしい活躍を見せてくれた日下部選手(横浜隼人2年)

最終回はエースがマウンドへ。貫禄のピッチングでピシャリ。 堀江投手(平塚学園3年)


そして、この試合で公式戦初ホームランを打った宇治田蒼選手

中学、高校時代を通じての公式戦初ホームランに
「気持ちよかった!です」と喜びを素直に表してくれました。

残念ながら私自身、
初回の3番打者、中川選手の時にグラウンドに到着したので
宇治田選手のHRを見れなかったのです・・・。
なので、何球目に打ったのかを聞くと、
「2・・3球目だったかな、覚えてないです」との答えが返ってきました。
覚えてないの!と聞き返しましたが、それだけ集中していたことなのでしょう。
球種だけは思い出してくれ「ストレート」だと教えてくれました。

高校時代に思うような結果が出せなかったという宇治田選手ですが、
大学野球でその素質が開花。
昨秋は二部で首位打者。
そのバットには長打力という進化も窺えます。
花が開いたとはいえ、満開になるのはまだ先。

というか、今が満開では困りますしね。
もっともっと人を魅了する、そんな花を咲かせてください。

次週は東京工芸大と相模原球場での試合になります。
観戦記はお届けできませんが、応援のほどよろしくお願いいたします。
第3週からは毎試合、観戦記をお届けする予定でいます。

we can make it!

Cheer up!


2018/04/08 神奈川工科大戦

4月7日
神奈川大学リーグが開幕しました。
2部リーグの開幕は来週14日からになります。
第1節に試合の組まれていない、1部リーグの神奈川工科大さんが急遽、
オープン戦を組んでくださいました。
開幕前の最後のオープン戦という事で、勝って締めたかったところですが、
再三のチャンスにあと1本が出ない
モヤモヤする展開となり、終盤に神奈川工科大に得点を奪われて
敗戦で今春の全てのオープン戦を終えました。

春のオープン戦は、
結果的には黒星が目立ちましたが、内容自体は悲観するものではありません。
よく声も出ていますし、手を抜くプレーはあまり見られなくなりました。
競争意識も強くなり、仲間でありながらお互いがライバルであるという認識が
チームの中に根付いてきました。

前4年生が残した「悔しい思い」を晴らすべく
現4年生たちが目の色を変えて取り組んでいます。
下級生の力が強いチームでしたが、4年生たちがしっかりしてきたことでチームは確実に「一つ」になりつつあります。

リーグ戦が始まって
一つずつ勝ちを積み重ねていけば、さらにいいチームになっていくことでしょう。
今や、2部リーグの力も上がり
勝ち抜くのは容易くはありませんが、
きっとやってくれるはずです!!

それでは、最終戦の模様をお届けいたします。

試合に全員で臨む姿勢が出てきました。ベンチからは常に大きな声で質のいい指示が飛んでいます。もちろん野次なんて野暮なものは言いません!

信頼できる右腕に成長、リーグ戦での活躍が期待されます。瀬間投手(横浜隼人4年)

最終学年でやる気に火がついたか!久冨投手(東京学園4年)

内に秘めた闘志を解き放て!キャプテン小宮捕手(茅ヶ崎西浜4年)

スタメン死守へ!倉田選手(川崎工科4年)

出番は必ず・・・山口投手(横浜商業4年)

就活終了…さぁ、巻き返しだ!宮田選手(横浜創学館4年)

この日は不帯同も、彼の存在はチームにとって欠かせません根本選手(横浜桜陽4年)3/31首都大東京戦より

4年生を中心に掲載しました!

4月14日
防衛大学校戦で松蔭大硬式野球部10年目の春が始まります。
ご声援、よろしくお願いいたします。

we can make it!

Cheer up!


2018/03/31 首都大東京戦

京王線南大沢駅の改札を出て右へ。
三井アウトレットパークに向かう人々の賑わい。
満開の桜と菜の花に迎えられて、その人波の中を真っすぐに進んで行くと首都大学東京キャンパスがあります。
松蔭大学が10個は入ってしまうのでは・・・と思わせる広大な敷地。
野球グラウンドはキャンパス入り口から一番遠い位置にあり、
20分ほどキャンパスの中を歩いたところにあります。

春のあたたかな陽気を感じた南大沢の駅周辺とは趣が違い、
20分歩いてたどり着いたグラウンドは、風の通り道になっているのか
肌寒さが感じられました。

この日は、ダブルヘッダーだった予定をシングルに変更し、
13時30分から試合が行われました。
少数精鋭でオープン戦を戦っているチームは、
明らかに戦う集団へと成長しつつあります。
「全力疾走」に見られる前向きな気持ちが、2回のビッグイニング。
9者連続出塁という形をもたらします。

その後は、「全力疾走」を怠った選手が、即交代させられるなど
手を抜くことを許さないムードもチームの中に芽生えてきました。

開幕も近づき、選手たちの顔色が明らかに違ってきました。
特に、最終学年の4年生陣が
ついに「本気」になってくれたようです。
”そうこなくっちゃ!!”
思わず笑顔がこぼれる、快勝となりました!
それでは、試合風景をどうぞ・・・。

桜の開花とともに、主砲のバットもいよいよ開花!!宮尾選手(横浜商大2年)

満塁の走者一掃のスリーベース、日下部選手(横浜隼人2年)

念願のレギュラー取りへ、井上、平澤先輩の思いを継ぐ倉田選手(川崎工科4年)

目覚めよ大砲、一線を鋭く破るスリーベース、有本選手(千葉学芸3年)

練習の虫、山口投手(横浜商業4年)

久しぶりのオープン戦に燃える、飛田選手(東京学園3年)

抜群の安定感で、どんどん高まる評価、瀬間投手(横浜隼人4年)

次回は、4月8日の神奈川工科大戦をお届けする予定です。
(日程表にはありませんが、急遽組まれたオープン戦です)

we can make it!

Cheer up!


2018/03/18 成城大S

本日は成城大学伊勢原グラウンドに於いて、シングルゲームが行われました。
1点を争う攻防は見応え十分。
こういう試合をモノにできるようになればいいのですが、競った時に冷静さを保てない部分が最後の最後に出てしまいました。

しかし、内容としては決して悪いものではありませんでした。
よく声も出ていますし、この試合を選手全員で戦うという姿勢は「ビシビシ」伝わってきました。

ミスは随所に出てしまいましたが、気持ちが前向きで起きたものですから
気にする必要はありません。
むしろミスを恐れて「動けなく」なるよりもよっぽど「いい」と思います。

2週前はどうなってしまうんだろうか・・・。
そう感じていましたが、ようやく「チーム」として機能し始めた印象です。
まだ詰めなければいけない部分はありますが、これなら戦っていけそうです。

それでは、本日の試合風景を載せていきます。

戦う気持ちを高めつつ、試合開始を待ちます。

武相コンビ。冨塚選手(3年)と山下選手(3年)

ヒット職人、宇治田選手(2年・東海大甲府)

勝ち越しのチャンスで・・・痛恨。有本選手(3年・千葉学芸)

芸術的、同点タイムー山下選手(3年・武相)

同点のホームを踏んだ冨塚選手(3年・武相)を迎える倉田選手(4年・川崎工科)

ベンチからも良く声が出ています!

悔しいサヨナラ負けですが、これが成長への足がかりになることでしょう。

今週は21日にも桜美林大学とのシングルが組まれています。
ですが、試合レポートをお届けするのは3/31の首都大東京戦を予定しています。

we can make it!

Cheer up!


2018/3/17 学習院大W

週中に気温が20℃を超え、いよいよ春本番を感じさせたのもつかの間。
この日の学習院大学グラウンドは肌寒い1日になりました。
オープン戦も残り数試合となり、この日の試合に臨んだのは少数精鋭の布陣。
これまでとは違って、より多くの選手にチャンスを与えるという方針を捨て、
チーム内での競争に勝ち残った者がオープン戦に帯同できるという形に方向転換したチーム。
なので、ダブルヘッダー2試合を通して出場する選手たちが出てきました。

より激しい競争意識の中で臨んだ試合は、試合への高い集中力を感じさせる内容になりました。
特に走塁への意識は非常に高く、隙を見逃さない姿勢。
スタートの反応の良さなど、集中していなければ発揮できないパフォーマンスを見せる選手が多くみられました。

投手陣の中心となるであろう堀江投手(3年)も、
「調整が上手く行っています!」と語ってくれ、その言葉に見合う投球を見せてくれました。
それでは、試合風景をどうぞ・・・。

とても綺麗な見やすい字ですね!

試合開始です。

ピッチャーの印象を伝える日下部選手(2年・横浜隼人)とそれを聞く倉田選手(4年・川崎工科)

状態を上げてきた堀江投手(3年・平塚学園)

3安打と気を吐いた倉田選手(4年・川崎工科)

実戦での安定感はチームナンバーワンか・・。瀬間投手(4年・横浜隼人)

目下、売り出し中の国本選手(2年・知徳)

第二試合開始です。

連続失点に反省の場面も、決して悪くはありません。沼田投手(3年・相模原総合)

楽しみなピッチャーが出てきました。亀井投手(2年・知徳)

さすがは、秋の首位打者と言わしめる猛打賞宇治田選手(2年・東海大甲府)

松蔭の元気印、中川選手(2年・厚木北)

好守ありポロリあり、倉嶋選手(2年・武相)

we can make it!

Cheer up!

因みに上記、標語は

やれば出来るさ!

元気出していこうぜ!

という意味です。

次回は3/18、成城大学戦のレポを予定しています。


2018/03/04 明治学院大学W

3月4日、明治学院大戸塚グラウンドに於いてオープン戦のダブルヘッダーが行われました。
この日、陽射しは春の訪れを感じさせる色を見せていましたが、強風が1日中グラウンドに吹き付けていました。
そんな「強風」が試合内容をかき乱したのでしょうか。両試合とも乱打戦となり、スコアボードには大きな数字が並ぶ結果となってしまいました。
そして1、2戦共に本学が敗戦してしまったのです。
あまりにも「乱れた」スコアになってしまいましたので、イニングスコアの掲載は控えさせていただきたく思います。

オープン戦が始まったばかりとはいえ、正直に受けた印象は・・・・「これはヤバイ」といった部分が隠せません。
ですが、早い段階で危機感を抱いたことで選手たちが大きく変わってくれることに期待します。
では、試合風景をご覧ください。

中川 雄斗 2年 厚木北

堀江 俊介 3年 平塚学園

山口 博史 4年 横浜商

宮尾 吉貴 2年 横浜商大

海邊 懸 2年 川崎北

第二試合です

小宮 陸 4年 茅ヶ崎西浜

根本 岬 4年 横浜桜陽

児玉 祥 3年 寒川

志村 龍彦 3年 川崎北

山崎 龍弥 2年 大崎

we can make it!

Cheer up!

次回は3/17、学習院大学戦のレポートをお届けする予定です。


2018年、湘南グラウンド開き

1月6日。
2018年シーズンの幕開けです。

昨年は本学硬式野球部にとって、まさに「激動」の1年となりました。
とはいえ、昨季は昨季です。
秋シーズンの間にこれからの方向性をしっかり確認しあっています。
新たな気持ちでスタートを切るべく集まった選手たちの表情からは、今年に懸ける思いがしっかり伝わってきました。

そして嬉しいご報告です。
山際監督がグラウンドに戻ってきてくれました。
とは言っても、まだ不自由な点は多いですがそれでも会うたび毎に状態が良くなっていることは確かです。
まだ佐藤コーチにかかる負担はあるでしょうが、その点も大学側が第3代主将の相澤豊氏を職員として迎えてくれたことによって、コーチとしてグラウンドに立つことが出来るようになったのです。
「松蔭野球」の礎を築いたと言っていい、第2代と第3代の主将がスタッフとしてタッグを組むこととなったので、山際監督の復帰への”焦り”も軽減し、それも回復への助けとなって行くことでしょう。

それではここで、相澤コーチをご紹介いたします。

相澤 豊コーチ

ー球歴ー

小 キング・バッファローズ

中 横浜金沢シニア

高 川崎北高校

大 松蔭大学硬式野球部第3代主将

 

2018年1月付で松蔭大学職員となり、硬式野球部のコーチに就任した相澤コーチに就任に際しての気持ちを語ってもらいました。

大学生は大人です。
野球はもちろんですが、社会人として通用する人間育成をしていきたいです。
学生最後の部活動ですので、有意義な時間を過ごしてもらうため全力でサポートしていきます。
精一杯尽くしていきます。応援よろしくお願いいたします。


続いては練習風景をご覧ください。

練習前の円陣から

午後からは3班に分かれてのローテーションで。

ロングティー

アメリカン

ティーバッティング

we can make it!

Cheer up!

ページ上部へ戻る