秋季2部リーグ最終戦、横浜国大第3戦

試合展開


1回表 横浜国大の攻撃

1 左飛
2 空振り三振
3 左飛

1回裏 松蔭大の攻撃

1 山下 二ゴロ
2 田椽 左飛
3 川井 二ゴロ内野安打
4 日下部 投ゴロ

2回表

4 空振り三振
5 中前ヒット
6 中飛
7 二ゴロ

2回裏

5 宮尾 遊ゴロ
6 小宮 左中間ヒット 宇治田の時盗塁
7 宇治田 投手強襲ヒット  二塁から小宮がホームイン 吉成の時盗塁
8 吉成 四球
9 宮田 四球
1 山下 一ゴロ 二塁フォースアウト、この間に三塁ランナーホームイン2点目
2 田椽 中飛

3回表

8 右前ヒット
9 送りバント ランナー進塁
1 二ゴロ ランナー進塁、二死三塁
2 四球
3 ワイルドピッチで三塁ランナーホームイン、一塁ランナー三塁へ  四球
4 空振り三振

3回裏

3 川井 三飛
4 日下部 右飛
5 宮尾 空振り三振

4回表

5 遊ゴロ
6 空振り三振
7 中前ヒット
8 四球
9 ダブルスチール、捕手二塁へ送球も悪送球にランナーホームイン、尚二死三塁  二飛

4回裏

6 小宮 死球
7 宇治田 送りバント
8 吉成 空振り三振
9 宮田 見逃し三振

5回表
1 一ゴロ
2 中飛
3 遊内野ヒット
4 見逃し三振

5回裏

1 山下 左飛
2 田椽 左中間ヒット
3 川井 中前ヒット 一死一、二塁
4 日下部 右飛
5 宮尾 右飛

6回表

5 二ゴロ
6 右飛
7 遊飛

6回裏

6 小宮 遊飛
7 宇治田 二ゴロ
8 吉成 四球
9 宮田 右飛

7回表

8 投ゴロ
9 空振り三振
1 遊ゴロ

7回裏

1 山下 四球
2 田椽 送りバント失敗二塁フォースアウト ランナー入れ替わり 川井」のとき盗塁
3 川井 二ゴロ ランナー進塁
4 日下部 中前タイムリーヒット
5 宮尾 左前ヒット
6 小宮 三ゴロ

8回表 この回から一塁に平澤

2 左前ヒット
3 二直ファインプレー
4 左中間タイムリーツーベース
5 中飛 ランナー進塁
6 死球
7 中越えタイムリースリーベース ランナー2人ホームイン
8 空振り三振

8回裏

7 宇治田 右前ヒット
8 代打、花城 右前ヒット
9 宮田 送りバント  一死二、三塁
1 山下 左直
2 代打、井上 空振り三振

9回表

9 右線ツーベース
1 投前バントヒット
2 投前バントヒット  無死満塁
3 空振り三振
4 空振り三振
5 押し出し四球 ランナーホームイン

ピッチャー交代、沼田

6 ワイルドピッチでランナーホームイン 空振り三振

9回裏

3 川井 右前ヒット
4 日下部 空振り三振
5 平澤 空振り三振
6 代打、倉田 空振り三振

試合終了  松蔭大3-7横浜国大

試合回顧

金曜日から降り出した雨。
雨催いの空が晴れることなく、あと1試合のみを残す2部の試合が土、日、月と3日連続で流れてしまいます。
あと1試合で引退を控える四年生にとっては、何とも複雑な心境で灰色の空を眺めていたことでしょう。
けれど、雨で試合が延び延びになったことで工芸大のグラウンドではなく、人工芝の立派な球場でラストゲームを行えることとなったのは嬉しい部分。
最終戦の会場となったのは、綾瀬スポーツ公園第1野球場。
改修前は本蓼川スポーツ施設第1野球場、通称「本蓼川球場」と呼ばれるアンツーカーのグラウンドでしたが、
平成25年に全面人工芝で両翼98m、センター122mの立派な球場に生まれ変わったのです。

この日の試合は、本学にとっては消化試合の色を含んでいるとはいえ、やはり最後は勝って終わりたいもの。
ましてやこの試合の結果によって横浜国大の完全優勝となるか、防衛大が逆転優勝となるのかが決するのです。
両校の命運を握っているのが本学なのですから、前節1部に在籍したチームの意地を持ってして、この注目度の高い試合で負ける訳にはいきません。
そのためこの日の先発マウンドには、
第2戦で横浜国大をシャットアウトした沼田投手で臨む意向が佐藤監督代行の心中に芽生えていました。
しかし、その気持ちを変えさせたのが、この日の先発マウンドを白井投手が直訴したため。
その心意気を受け入れ四年生に任せる決断を下し、この日の最終戦に臨むこととなったのです。

その白井投手は大学4年間の思いを胸に上るマウンド。
持てる力を余すところなく注いで渾身の力を注ぎたいところですが、この日はあえて気負わずに一球一球丁寧なピッチングに徹しようという姿勢が伝わってくるマウンド。
それが功を奏し三者凡退という最高のスタートを切ります。
打線もそんな白井投手の姿に、「何がなんでも白井さんに勝利をプレゼントするんだ!」という気概を感じさせ、2回に先制点を奪うのです。
この試合でバッテリーを組む小宮選手がヒットで出塁すると、次打者宇治田選手の時に盗塁を成功させます。
決して足の速くない選手ですから相手バッテリーもノーマーク。意表を突いた策が見事に的中するのです。
このチャンスで好調なバッティングをシーズン通して見せている宇治田選手がピッチャー強襲ヒット。
足に当たった打球がファールゾーンに転がる間に二塁から小宮選手が一気にホームイン。
ヘッドスライディングでホームを陥れ、ガッツポーズを作るシーンは、この試合にかける気合がビシビシと伝わってくるものでした。
さらに連続四球で一死満塁とすると、山下選手の内野ゴロの間にもう1点を追加します。
打線の援護をもらった白井投手。
ですが、リードしたことによって「勝ちへの意識が強くなり」力みが生じてしまうのです。

負けられない横浜国大に対し奪った2点のアドバンテージ。
横浜国大にプレッシャーを与え有利に試合を運べると思いましたが、逆に作用してしまうのですから投手心理はつくづく繊細なものだと感じてしまいます。
3回にワイルドピッチで失点、4回にはダブルスチール時の送球ミスから失点。
まずい失点の仕方で追いつかれてしまい、国大サイドに息を吹き返すきっかけを与えてしまうのです。
打たれて取られた得点ではないだけにバッテリー間には悔いが残ったことでしょう。
しかし、ここで崩れ切らずに踏ん張れたのは最後の投球にかける思いの強さ故でしょう。
追いつかれて以降の中盤を無失点で抑えて見せた投球は立派でした。
すると、均衡を破る追加点を先に奪ったのは松蔭大でした。
7回裏。
先頭の山下選手が四球で出塁。
田椽選手の送りバントは失敗に終わりましたが、ランナーとして残ると自慢の快足でバント失敗の流れを払拭する盗塁を決めて見せます。
この盗塁は相手バッテリーが十分警戒する中で決めてみせたものだっただけに、価値のあるものとなりました。
川井選手は内野ゴロに倒れますが田椽選手は三塁へ進みます。
三塁に足の速い田椽選手が進んだことで、バッテリーエラーも許されなくなった横浜国大。
厳しい攻めが若干甘くなったところを見逃さないのが、「打点王」へひた走る四番・日下部選手。
「リーグ打点王」を確実なものとするタイムリーを放ち、貴重な勝ち越しに点をもたらしてみせます。
再びリードを奪い、残すは2イニング。
今度こそ国大にプレッシャーがかけられると思ったのですが、リードを奪うとどうしても力の入ってしまう白井投手。
だが、それも仕方がないところ。
優勝にかける横浜国大の執念も凄まじいものですから、その圧力に押されないように力でねじ伏せたくなるのはピッチャーの本能。

渾身の投球で国大打線と対峙。
一死一塁から四番打者に左中間を真っ二つに割られる同点タイムリーを喫してしまいますが、甘くなってしまったとはいえ
気迫のこもったボールだったことは間違いありません。
同点に追いつき勢いを増す横浜国大。
その後の2失点はその勢いに飲み込まれてしまった失点と言えるでしょう。
これで勝負あったかに思われましたが、あっさり引き下がらずに松蔭打線が意地をみせます。
宇治田、花城選手が連打。
宮田選手が送って一死二、三塁。一打同点の場面を作るのです。
この場面で山下選手がいい当たりを放つのですが、レフトの正面へ。
追い込まれていた分、強いスイングをすることが出来ずにあと少しのところで外野の頭を越す打球にはなりませんでした。
ツーアウト。
ここで打席にはキャプテンの井上選手が代打で入ります。
大学最後の打席に気迫を持って臨みますが、三振に倒れてしまいます。
しかし、渾身のフルスイングの結果ですから井上主将の心に悔いを残すことない打席になったことでしょう。

いよいよ最終回の攻防。
この回から白井投手の交代も考えられた場面ですが、最後まで四年生に投げさせたい・・・。
その思いは佐藤監督代行のみならず、チーム全員の総意でしょう。
最終回のマウンドへ向かった白井投手。
先頭打者にライト線ツーベースを喫すると、2者連続で投前バントが安打となり無死満塁のピンチを背負うこととなるのです。
最後の最後まで試練を与えられているようなピッチング。しかし、その試練を越えて見せようと白井投手が最後の力を振り絞るのです。
きっと、大学野球生活を振り返り、噛みしめながら一球に魂を込めていたのでしょう。
二者連続で三振に斬って取り、あと一人でピンチを切り抜ける場面までこぎつけます。
しかし、ここで痛恨の押し出し四球。沼田投手にマウンドを譲ることになるのです。
自分の思い描いていたような結果で最後を締めることが出来ずに、ベンチに戻ると涙を堪えることが出来ずに号泣していたと聞きます。
しかし、最終戦で悔し涙を流せたのも大学野球と真摯に向き合ってきた4年間だったからこそ。
最終回に三振に終わった平澤選手もそうですが、4年生選手3人にとっては決して華々しい終わり方ではなかったですが、
だからこそ、これからの人生で大学野球生活の4年間が生きることでしょう。

全日程を終了し、6勝6敗の4位でシーズンを終えることとなりました。
春は一部リーグで健闘し、秋は2部リーグで4位という不完全燃焼。
しかし、山際監督の休養や前キャプテンが春で引退を表明するなど激動の1年、安定しない中でなんとかチームを一つにしようと、最後まで残ってくれた4年生たち。
ましてや、スポットがあまり当たらない立ち位置で最後まで続けるというのは簡単なことではありません。
常にスポットを浴びている選手が最後まで続けるのとは訳がちがいます。
そんな中で続けられたということは、それだけで「強い」ものを持った「人」だと言えるでしょう。
4年間、お疲れ様でした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る