秋季2部リーグ第5週、横浜国大第2戦

試合経過

1回表 松蔭大学の攻撃

1 山下 三ゴロエラー
2 田椽 遊ゴロ
3 川井 四球
4 日下部 遊ゴロ併殺

1回裏 横浜国大の攻撃

1 二ゴロ
2 中飛
3 四球
4 空振り三振

2回表

5 宮尾 空振り三振
6 小宮 見逃し三振
7 重田 二ゴロ

2回裏

5 捕邪飛
6 中飛
7 三ゴロ一塁捕球エラー
8 左前ヒット
9 見逃し三振

3回表

8 吉成 左飛
9 宮田 三飛
1 山下 二飛

3回裏

1 遊ゴロ
2 四球 盗塁
3 空振り三振
4 見逃し三振

4回表

2 田椽 右前ヒット 川井の時、盗塁失敗
3 川井 投ゴロ
4 日下部 空振り三振

4回裏

5 投ゴロ
6 遊飛
7 見逃し三振

5回表

5 宮尾 一飛
6 小宮 空振り三振
7 重田 空振り三振

5回裏

8 三ゴロ
9 三邪飛
1 二ゴロ

6回表

8 吉成 左前ヒット
9 宮田 送りバント
1 山下 左前ヒット 一死一、三塁
2 田椽 一ゴロFC 三塁ランナー吉成が三本間に挟まれるもセーフ、一死満塁
3 川井 押し出し四球 三塁ランナーホームイン先制点、尚一死満塁
4 日下部 左前タイムリーヒット 三塁ランナーホームイン2点目、尚一死満塁
5 宮尾 押し出し四球 三塁ランナーホームイン3点目、尚一死満塁
6 小宮 押し出し死球 三塁ランナーホームイン4点目、尚一死満塁
7 代打、井上 左前ヒット 三塁ランナーホームイン5点目、尚一死満塁
8 吉成 三ゴロ併殺

6回裏  この回からライト、宇治田 ファースト、平澤

2 空振り三振
3 左前ヒット
4 右飛
5 遊飛

7回表

9 宮田 三前バントヒット
1 山下 四球
2 田椽 左中間2点タイムリーツーベース
3 川井 四球
4 日下部 送りバント 一死二、三塁
5 平澤 左飛
6 小宮 左飛

7回裏

6 中飛
7 左飛
8 三ゴロ

8回表
7 宇治田 空振り三振
8 吉成 見逃し三振
9 宮田 四球
1 山下 四球
2 代打、有本 四球  二死満塁
3 川井 遊飛

8回裏

9 遊ゴロ
1 三直
2 一ゴロ

9回表

4 日下部 左前ヒット 平澤の時、盗塁
5 平澤 四球  無死一、二塁
6 代打、山室 右飛
7 宇治田 一邪飛
8 吉成 左飛

9回裏  この回からキャッチャー中川

3 二ゴロ
4 空振り三振
5 中前ヒット
6 中直

松蔭大7-0横浜国大

試合回顧

負けたら終わり・・・。
そんな中で見事なピッチングを見せたのは、沼田健投手。
今シーズン2度目のマウンドで、大事な試合の先発投手に抜擢されると大仕事をやってのけるのです。
プレッシャーのかかる1戦にも関わらず、無駄な気負いを感じさせないマウンド捌きで見事な立ち上がり。
初回を「0」で抑えると完全に自分のゾーンに入っていきます。
味方のエラーや四球、ヒットでランナーを背負っても慌てる素振りなど全く見せません。
淡々と3つのアウトを積み重ねていくのです。
もともと身体能力が高く、しなやかなフォームからキレのあるボールを投げ込む投手で、
入部後、真っ先に期待を寄せられたのが何を隠そうこの沼田投手なのです。
入部直後の春の2部リーグ戦。開幕週の東京工芸大戦で、2戦目の先発に抜擢されたほどですから、その期待の高さが窺われるというものです。
そんな周囲の期待に応えるために、飛ばし気味に大学野球生活をスタートしてしまっことで、そのツケが「痛み」となって体に表れてしまい頭角を現すまでに時間がかかってしまいました。
しかし、この日のピッチングはようやく「本格化」してくれた・・・そう思わせるもの。
エース堀江投手の思わぬ離脱で回ってきた「ワンチャンス」を生かす形で、自分の存在を大きくアピールすることに成功。
大学初の完投を3安打完封で飾ってみせたのです。

沼田投手がリズムのいいピッチングをしているので、野手陣としては早く援護点をプレゼントしたいところ。
しかし、優勝のかかる横浜国大・植月投手もまた素晴らしいピッチングを展開するのです。
チャンスらしい場面すら作ることすら出来ずに、5回まで0を並べることとなります。
ですが6回。
吉成選手のヒットをきっかけにいよいよ得点のチャンスを握るのです。
大きく流れを引き寄せることになったのは、一死一、三塁からのワンシーン。
田椽選手の当たりが、ファースト正面へのゴロとなります。強い打球だったために足の速い田椽選手でもゲッツーになっていたかもしれないこの打球。
また、サードランナーの吉成選手がホームに突っ込む判断をするのも難しい打球でした。
「しまった!」と思った刹那、吉成選手がホームへ突っ込むフェイクを見せるのです。
これに反応した一塁手が捕手へ送球するや、三塁ベースに取って返す吉成選手。
捕手からのボールより早く三塁ベースに戻って、アウトカウントが増えるのを阻止してみせたのです。
この走塁・・・狙ってやったのかは定かではありません。(本人に未確認)
判断に迷って離塁が大きくなってしまっただけかもしれません。
しかし、センスのある吉成選手だからこそアウトにならずに「オールセーフ」をもたらしたと言えるのです。
そして、このワンプレーによって相手投手の気持ちに大きなダメージを与えることができました。
何故なら、そこから怒濤の連続得点が始まったからです。
川井選手の押し出し四球で先ず1点。
日下部選手は三遊間をゴロで破って2点目。
押せ押せの勢いの中、宮尾、小宮選手が連続押し出しで加点すると、ここで佐藤監督代行が代打を告げます。
「代打、井上!」
舞台が整った中で打席に向かう井上主将。
大学野球4年間の想いを込めたこの打席。ツースリーから2球ファールで粘った8球目。
やや差し込まれたタイミングでしたが、気迫のフルスイングで左前にボールを運びます。
ようやく飛び出した今シーズン初ヒットに塁上でガッツポーズを見せた井上主将。
待ちに待った一打にチームのムードは一気に高まっていくのです。

次の回にも宮田選手の足を生かしたバントヒットをきっかけに、無死一、二塁から田椽選手の2点タイムリーで差を広げこの日の勝利を揺るぎないものとするのです。

チームの柱、井上主将にヒットが出て、沼田投手が大抜擢に応えるピッチングで目の前での胴上げを阻止して見せました。
そして最終戦で、もう一度白井投手をマウンドに送る事が出来ます。
最後に白井投手に「勝ち星」を上げてもらい、四年間の大学野球生活を締めくくってもらいたいものです。
そして平澤選手にもヒットを打ってもらえれば、優勝こそ逃したとは言え「いい形」で終われることができます。
そんなシナリオを完成させるには、下級生たちが何をすべきか!
四年生たちに有終の美を飾らせてあげようではありませんか!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る