秋季2部リーグ第3週、防衛大学校戦

まさかの敗戦・・・ここから何を見出すか

試合終了の瞬間。
防衛大、尾藤投手は両腕を突き上げて喜びを爆発させた。
そんなヒーローの元へ、ベンチの選手たちも腕を突きあげながら駆け寄っていく・・・。
優勝でも決めたのかと見まがうようなシーン。
その必死さが「1」点の差をそれ以上大きく感じさせ、追いつき追い越すというイメージを作る事が出来ずに敗れてしまったのでしょう。
この日は、特別な試合だったのです。
というのも、久しぶりに山際監督が球場に姿を見せてくれたのです。
ですから何としても「勝利」をプレゼントしたいところでしたが、本当に悔しい結果となってしまいました。
ですが、この敗戦で選手たちはもう一度それぞれの心に期する思いが生まれたはずです。
また、監督としても久しぶりに選手のプレーを見て、そして負けた試合を見たからこそ
それが、これからの「パワー」になっていくことでしょう。

1回表

川井・川本の三年生コンビが連続三振。
チャンスメーカーに指名された2人の相次いでの三振。試合の入りとしては、良くない流れ。
しかし、宇治田選手が目の覚めるような痛烈な当たりをセンター前に飛ばします。
ですが、日下部選手が遊ゴロに倒れ無得点。

2回裏

先発の堀江投手も負けじと連続三振のスタート。
変化球がキレッキレでこの日の調子はかなりいい状態です。

2回表

先頭の小宮選手が技ありの流し打ちで出塁。
山下選手が送って一死二塁。吉成選手が四球で繋ぐと、今シーズン初スタメンの冨塚選手がバントヒットを決めて一死満塁とチャンスを広げます。
しかし、宮田選手が一ゴロで本塁アウト。
川井選手はワンスリーのカウントから2球ファール。最終的に投ゴロに打ち取られてしまいます。
いずれもボールだったために、勿体無い・・・そんな印象を残してしまったことが後々まで響くこととなってしまうのです。

2回裏

一死からヒットを打たれますが、後続は連続三振。
連打を浴びるであろうシーンは想像できないくらいのいいピッチングです。

3回表

2番からの攻撃でしたが、3人がフライアウトで三者凡退。

3回裏

野球とは本当に「流れ」のスポーツだと感じさせられます。
味方の攻撃が簡単に終わった後、先頭の8番打者に四球を与えてしまいます。
出してはいけないランナー・・・とは言え失点に繋がるとは思っていませんでした。
そう思ってしまうほど調子が良かったわけですが、そういう部分にちょっとした「落とし穴」が待ち構えています。
間違いなく送ってくるだろう・・・そう思っていたこの場面で、防衛大は強攻。
バントだと思い込んで、フライになりやすい高めに投じたところを「パチン!」と合わされてしまいました。
打球はセンター前で弾み、無死一、二塁。
ここでも防衛大は1点を狙いに行かずに強硬策。
堀江投手が打者をツーワンと追い込みますが、ウイニングショットのスライダーがキレすぎて打者の足に当たってしまいます。
これで、無死満塁。
ここで、松蔭内野陣は前進守備。
次打者の打球がライト前に抜けてしまいますが、定位置ならセカンドゴロだった打球。
策が裏目に出てしまいました。
ですが、ここから打者3人にバッティングをさせずに2点目を許さなっかったのは堀江投手の意地の何物でもないでしょう。

4回表

先頭の小宮選手がヒット。山下選手が送って一死二塁。
この試合二度目のこのパターンも、またしても後続が続かずに無得点。

4回裏

三振で一死奪った直後。
魔が差した・・・と言えるような高めの甘い球を左中間に運ばれてしまいます。
これが3塁打となり、差を広げられるピンチを迎えます。
しかし、このピンチもスクイズ空振りで三塁ランナーを封殺。
追加点は与えませんでした。

5回表・裏

三者凡退。

6回表

二死から小宮選手が四球を選ぶと、山下選手がヒットで繋ぎます。
ここで花城選手が代打で打席に入ります。
途中出場した2試合で共にヒットを放ち、信頼を得つつある選手。ここで1本出しておきたかったところですが、三振に倒れてしまいます。
どうしても1点が奪えません・・・。

6回裏以降。
堀江投手がなお一層、投球に力を入れ奪三振ショーを演じますが、打線が最後までかみ合いませんでした。
被安打4、奪三振13でも・・・負け投手になってしまうのがピッチャーというポジションを務める者の性。
堀江投手は0-1で負けてしまった「この試合」をどう捉えるかが、とても大事。
この消化の仕方を決して誤ってはいけません。

ここまで堀江投手と書いてきましたが、堀江選手は「投手であって投手」ではありません。
では、何なのか!?
そう。
松蔭大学硬式野球部の「エース」なのですから・・・!!
「エース」はチームの顏。
チームにとって特別な存在です。
「真のエースへ!」の試練を一つづつ正解を出し、チームを導いてもらいたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る