秋季2部リーグ、東京工芸大第2戦

全員野球で勝ち点ゲット!!


先勝して迎えた第2戦は大野投手が先発マウンドに登ります。
そして打順を微調整。
チーム一の俊足、田椽選手を一番で起用しました。
1回表
その、田椽選手はセカンドゴロに倒れますが、一塁はギリギリでアウトとなる快速っぷりを見せます。
その速さに肝を冷やした相手投手が、リズムを崩します。
宮田選手が四球を選ぶと盗塁。さらにワンバウンド投球に対して素早く反応、三塁を陥れる素晴らしいスタートを決め塁上を疾走します。
川井選手も四球を選んだ一死一、三塁から四番宮尾選手が先制タイムリー。
前日ノーヒットだった主砲に待望のヒットが生まれます。
三塁まで進んだ川井選手が日下部選手の内野ゴロでの間にホームを踏んで2点を先制します。

1回裏
肌寒い気温と朝一番の試合。
準備をするには難しい時間帯の試合の影響が先頭打者にストライクが入らないという投球に表れる大野投手。
ノースリーから2つストライクを取りますが、結局歩かせてしまいます。
しかし、先頭打者に6球を費やしたことで感覚が戻ったのでしょう。
二、三番打者を連続三振。四番打者も遊ゴロに打ち取り「0」発進することに成功します。

2回表
一死から吉成選手が四球。
盗塁を決めると、山下選手が中前にタイムリー。
工芸大は外野の芝が凸凹で、ファンブル、後逸が多発する外野手受難のグラウンド状況。
自ら外野を守る吉成選手が「ファンブルがある」ことをしっかり想定出来ていたために、実際にその瞬間が起きた時に瞬時に対応出来ていました。
その後の攻撃は山下選手が盗塁死。
続く田椽選手もヒットで出塁後に盗塁死。
相次ぐ失敗に終わってしまいましたが、積極的に走る野球を展開。
失敗の先に成功はあるものです。
失敗を怖がらずどんどんトライしてもらいたいプレーです。


田椽選手:スピードを殺さない脛で滑るいいスライディングですが近すぎて左足が伸びていませんでした。伸ばした左足を突っ込めていたら「セーフ」でしたね。

2回裏
先頭打者にヒットを許しますが、後続3人を内野ゴロに仕留めます。

3回表
攻撃の手を緩めないこの日打線。
一死から川井選手がスリーベースでチャンスメイク。
宮尾選手が倒れますが、日下部選手が内野安打で逸機を防ぐとワイルドピッチで二進。
すると、宇治田選手に中前タイムリーが出ます。
宇治田選手も盗塁死。
これで3回連続で失敗ですが・・・これでいいんです!
今シーズンの松蔭は走ってくる!
そう相手に植え付けるだけで今後の戦いに生きてくるのですから。

3回裏
三者凡退です。この回から雨が降ってきます。

4回裏
二死からスリーベースを打たれますが、吉成選手の好プレーが失点を防ぎます。

5回表
一死から川井選手が死球。
宮尾選手が中飛に倒れますが、日下部選手が四球で繋ぐと宇治田選手にこの日2本目のタイムリーが出ます。
追い込まれながらファールで厳しいコースをカットしつつヒットにしたこの打席。
新進気鋭「巧打者・宇治田」誕生の瞬間となりそうです。
そして続く中川選手もセンター前に運んで続きます。
ここで、またもや外野手が打球を後逸。
その間にもう一点を追加します。

5回裏
調子が悪い部分を初回からの全速で補っていたツケがこの回あたりから出始めた大野投手。
先頭打者に右中間を割られるツーベース。
ワンアウトを奪いますが連打で一点を返されます。
しかし、長打と2本のヒットで一点ならば十分、我慢出来た投球と言えるでしょう。

6回表
取られた後の追加点。
田椽選手に代わった花城選手の右中間スリーベースに、対戦相手の外野手からも「足、早っつ!」と驚嘆の声が漏れ聞こえてきました。
その花城選手を川井選手が犠牲フライで返します。
続く宮尾選手が2打席目に続いて三振。
第1打席にヒットが出て肩の荷が下りたかと思ったのですが、まだまだ主砲の調子は本調子ではないようです。
打ちたい!という気持ちばかりが焦ってしまい突っ込んでしまっているように映ります。一部で四番を張り続けた力はダテではありません。
肩の力を抜いて楽な気持ちで臨めば結果は自然とついてくるでしょう。

6回裏
失点後に追加点を取ってもらった大野投手。
しかし、四球、ヒット、四球で無死満塁のピンチを作ってしまいます。
すると、続く打者の当たりがドン詰まりの内野安打。
まだまだ点差はあるものの、嫌な風を感じざるを得ません。
しかし、次打者の内野ゴロで1点を与える間に4ー6ー3の併殺を完成。点差を考え、今シーズンから本格的にショートからセカンドへ守備位置を変えた川井選手の好判断。
無死満塁で2失点なら御の字だと言えるでしょう。

7回表
野球とはおもしろいもので無死満塁のピンチの後に、無死満塁のチャンスが訪れます。
日下部選手のヒット、代打山室選手の四球、中川選手の送りバントを相手守備がフィルダースチョイス。
代打の有本選手が見逃し三振に倒れますが、山下選手がライト前にクリーンヒット。
これを工芸大外野陣がみたび後逸。
三人の走者が一気に生還。山下選手も三塁へ。
花城選手の四球を挟み、宮田選手の内野ゴロの間に山下選手がホームイン。12ー3と点差をさらに広げます。

7回裏
態勢決した中、工芸大に反撃のムードは消え三者凡退。

8回から大野投手に変わり白井投手がマウンドへ。
ストッパー向きな白井投手。
2イニングをヒット1本、奪三振4で締めくくります。

連勝で勝ち点1をゲット。
しかし、傲らずにやるべきことをしっかりやっていくこと。
そして、浮わついた気持ちを持たずに次週の田園調布学園大戦までの過ごし方を確認し合う円陣が試合後にみられました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る