2017新人戦準決勝、横浜商科大戦


初タイトルに向けてマウンドに絶対的エース、堀江投手をおくります。


1回表
先頭打者をストレートの四球で歩かせてしまいます。
久し振りの実戦と決勝進出に向けての気合い満点な部分がかえって、
「力み」となって表れてしまった堀江投手。
とはいえ、これぐらいのことで動揺するような投手ではない!と見守っていると、次打者の時に中川捕手のサインを伺おうと上体を前傾させた瞬間、ボールがポトリと足元に落ちてしまいます。
ボークを宣告され、無死二塁。
気持ちの整理のつかぬまま二番打者も歩かせると、送りバントで一死二、三塁。
四番の犠牲フライでノーヒットで1点を与えてしまいます。

1回裏
一番指名打者でスタメンに抜擢された宇治田選手が技ありのセカンド内野安打で出塁。
冨塚君が送って一死二塁。
山下選手に右前ヒットが出ますが、二塁ランナーは三塁ストップ。
回も浅く次が四番打者なので自重は間違いではありませんが、
こういうところで効率よく点を奪える走塁力こそ足りない部分かもしれません。
実際、有本選手が二ゴロ併殺に倒れてしまう「ところ」でした。
「ところ」としたのは、二塁ベースに入った遊撃手の足が捕球より早く離れたというラッキーな判定があったからです。
ラッキーとは言え1点は1点。
試合を振り出しに戻すことが出来ました。

2回表
一死からこの試合3つ目の四球。
次打者に右中間ツーベースを打たれ、一死二、三塁のピンチを迎えます。
しかしここは、エースの名にかけも絶対に抑えなければいけないところ。まさしく「ねじ伏せる」気迫のピッチング。
打者がピクリとも反応出来ない、圧倒的なボールで見逃しの三振に切り捨てると、得点を与えることなく3つ目のアウトも奪ってみせました。

2回裏~4回表
両チーム三者凡退が続きます。
堀江投手は2回のピンチを脱すると、貫禄のピッチングを取り戻します。

4回裏
先頭の山下君がヒットで出塁します。
ここで四番有本選手に送りバントのサイン。
四番に送らせたのですから何としてでも1点をもぎ取らなくてはいけません。
石澤選手は中飛に倒れますが、児玉選手が中前に運びます。
この場面でも二塁ランナーがホームに返ってこれませんでした。
ここはアウトでも構わないので突っ込ませても良かったかもしれません。
次打者の中川選手にヒットがでなかったのは結果論ですが、
「もったいない」という印象で終わるより、もしアウトでも勝負に出ていた方が良かったようにも思えます。

5回表~6回表
いずれも三者凡退。
特に堀江投手は打たれる気配のない、危なげないピッチング。
1点リードさえすれば逃げ切れる。そんな投球だけに何がなんでも欲しい追加点。
そして訪れた勝ち越しのチャンス。

6回裏
冨塚選手が四球で出塁。
山下選手が送って一死二塁。
有本選手の三遊間の当たりが内野安打となり一死一、二塁。
石澤選手も四球で繋ぎ、一死満塁と攻め立てます。
打者は児玉選手。
1点を奪いにベンチが意を決します。
ピッチャーが投球モーションに入るや、三塁ランナーの冨塚選手がスタート!
商科大バッテリーに外す動きはありませんでした。
「よし!決まった!!」と思ったのも一瞬。
児玉選手がそのボールを見送ってしまったのです。
慌てて戻る冨塚選手ですが、その動きは虚しい抵抗。
絶好の勝ち越しのチャンスを逸してしまいます。

7回表
気持ちを切り替えるのが難しいこのイニング。
「ベンチ!盛り上げて!!」とマウンド上から声を送った堀江投手。
もちろん、児玉選手を想いやっての言葉には違いありませんが、その実。
得点が入らなかったことに、いちばん落胆している自分を奮い立たせようと出た言葉にも思えたのです。
嫌な予感がしました・・・。
打たれることはなくても、四死球で自滅してしまうようなイメージが浮かんでしまったのです。
当たって欲しくない時に限って、予感というものは的中してしまうもの・・・。
先頭打者を四球で歩かせてしまうのです。
松蔭バッテリーの間に、「ここは送ってくるだろう」
そんな「決めつけ感」があったのかもしれません。
ストライクを安易に取りにいってしまいました。
それを待ってましたとばかりに強振され、左中間を深々と割られてしまうのです。
この日許した2本目のヒットが、堀江投手にとってまさに痛恨の一球となってしまいました。
さらに、送りバントで進められた三塁ランナーをワイルドピッチでホームに返してしまいます。
思わず・・・もったいないなぁ。という声が漏れてしまいました。

7回裏
先頭の中川選手がヒットで出塁。
バントで二塁に送りますが、後続が断たれまます。

8回裏
先頭の山下選手がヒット、有本選手が送って一死二塁。
石澤選手の痛烈なライナーをピッチャーが好捕。
アンラッキーなゲッツーとなってしまいます。

9回裏
先頭の児玉選手が四球を選びます。
児玉選手の四球は逆転を呼ぶトリガー。
すると、中川選手もヒットで続き、いやがうえにも期待は高まります。
一塁ランナーを福井君に代え、最低でも同点を狙っていきます。
打席の水谷選手は確実に送りバントを決めなくてはいけない場面でした・・・。
「でした・・・」という文末が物語る通り、送れなかったことで勢いは消滅。
得点を奪うことなく、ゲームセットの声を聞くこととなってしまいました。

横浜商科大のヒットは2本。さらに堀江投手が奪った三振は12です。
こちらのヒットは9本。
負けた気がしませんが、それでも負けてしまうのが野球というスポーツです。
堀江投手の与四死球7は確かに多いですが、力でねじ伏せるタイプだけに四死球の多さを問題にしたくはありません。

「勝てた試合だったのに・・・」と、選手たちそれぞれが心に抱いたことでしょう。
そんな感情で振り返る試合をなくしていくこと。
そして勢いだけでなく、こういう試合をきっちり勝ちきれるチームになってこそ一部定着が見えてくるでしょう。
取れるチャンスに手にしておきたかったタイトル。
なので「よくやった!」と言いたい言葉はお預けにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る