2017新人戦1回戦、鶴見大戦


松蔭大の先発マウンドは2年生の大和拓海投手(磯子)
鶴見大の先発マウンドは1年生の大津勇磨投手(川崎北)

1回表
先頭の山下選手がセンター前ヒットで出塁
水谷選手の進塁打で一死二塁の場面を作りますが、後続が続かず。

1回裏
先頭打者に左中間を割られます。
変化球がど真ん中に入ってしまった失投です。
進塁打で一死三塁とされると、ボークで先制点を許してしまいます。
セットの際にグラブの静止が不充分だったことが原因で、ボークを宣告されてしまいました。
思わぬ形での失点ですが、1点は仕方のない場面。
落ち着いて後続を退けます。

2回裏
初回に続き、先頭打者にヒットを許してしまいます。
バントで送られ一死二塁。
次打者の強いサードゴロを児玉選手がしっかりグラブに収めます。
二塁ランナーの離塁が大きいと見るや、セカンドへ送球。
この判断は素晴らしく、二塁手の山下選手も素早くベースカバーに走りますが、やや送球が一塁寄りに逸れた為にタイミングが合わずに後逸。
一死一、三塁となってしまいます。
初回のボークの残像が消えぬ間に、再びピンチを迎えますが大和投手は冷静でした。
下位打線だということを見据え、慌てずに自分の投球だけに気持ちを向けます。
連続三振でこのピンチを凌いで見せました。

4回裏
丁寧な投球を続けていた大和投手ですが、打者を圧倒するようなボールがまだ自分のものとなっていないだけに、コントロールが甘くなると痛打を喫してしまいます。
一死後に、3連続長打を浴び2点を失ったところで
福島投手に交代します。
予定よりも早く上がったマウンドに、対応しきれずにいると鶴見大の勢いを変えられません。
アウトを一つ重ねますが、二死三塁からこの回4本目の長打が出て
追加点を奪われます。
次打者にもヒットを打たれてしまいますが、ここで流れを変えたビッグプレーが出ます。
石澤左翼手が、本塁へストライク返球。
セカンドランナーのホームインを許しませんでした。

2回表~5回表の攻撃

水谷選手と児玉選手に単打があったのみ。
三塁すら踏めない攻撃が続きます。

6回表
鶴見大の投手が交代します。
突破口を見出だせないでいましたが、この交代で流れが変わります。
二死二塁から四番の一撃が追撃のサイン。
有本選手が打球を捉えると、打球はライトフェンスに一直線。
スコアボードに「1」を刻むと同時に、チームに活気が戻ってきます。

6回裏
前のイニングに続く三者凡退で鶴見大にあった流れを、福島投手がコチラ側に手繰り寄せてくれました。

7回表
ビッグイニングの到来です!
児玉選手が四球を選ぶと小さく拳を握ります。
彼のこの仕草でチームに繋ぐ意識が生まれます。
代打の古賀選手も四球で繋ぎ、無死一、二塁。
ここは送りバントをきっちり決めたい飯田選手でしたが、バントがフェアゾーンに転がることがなく、流れを切りかけたところですが
ここで開き直ったことが功を奏します。
レフト前に運んで無死満塁の場面を作ります。
このチャンスで柏木君がセカンドゴロ。
ホームはフォースアウト。ホームから一塁に転送された時、「絶対にダブルプレーだけにはなるものか!」と一塁へ気迫のヘッドスライディング。
駆け抜けても余裕でセーフのタイミングでしたが、気迫を全面に見せることがこの後の攻撃に繋がっていくのです。
鶴見大はここで投手交代。
変わった投手から山下選手がライト前にタイムリーでまず1点。
水谷選手は投ゴロに倒れますが、ここでもダブルプレー阻止に全速で一塁へ走っていく水谷選手。
結果的にこのランニングが、鈴木選手の代打での同点2点タイムリー
に繋がるのです。
追い込まれながらもライト前に運んだのは、「イケイケ」の雰囲気を作り出したチームの力もありますが、鈴木選手の普段からの取り組みによるところが大きいでしょう。
同点に追い付きさらに士気の上がる松蔭ベンチ。
続く有本選手の内野フライを、鶴見大の野手がお見合い。
フェアグラウンドポトリと落ち、ラッキーな勝ち越しヒットになったのは野球というゲームがいかに「気持ち」の戦いであるかを象徴しているシーンとなったのです。
この流れに乗じ、石澤選手が左中間に2点タイムリーツーベース。
差を広げる貴重な一撃が出るのです。
さらに、ワイルドピッチの間にもう1点加点。
一気の7得点で、試合をひっくり返します。

7回裏
逆転した直後の鶴見大の攻撃。
ここをきっちり抑ることが、福島投手に求められます。
しかし、意識して気負ってしまったため自身の課題である制球の乱れが出てしまうのです。
先頭打者に「やってはいけない」四球を与えてしまいます。
次打者にはストライクを取りに行ったところを狙い打たれ、左中間へのツーベース。
無死二、三塁とされてしまうのです。
ここで踏ん張れるか・・・福島投手の真価が問われます。
打順も中軸に回っていく局面。
しかし、この日の福島投手はここからが圧巻でした。
浅いセンターフライでワンアウトを奪うと、次打者の内野ゴロの間に1点は失いますが四番打者も投ゴロに仕留め、最小失点で切り抜けて見せたのです。

8回裏
踏ん張る福島投手ですが、試練はこの回も訪れます。
一死からヒットを打たれますが、次打者の打球はこの回からセンターの守備に就いた冨塚選手の正面へ。
いい当たりでしたが、正面をつくということは投げ勝っている証拠。
これでツーアウトと思った矢先、冨塚君が目測を誤り一旦前に出てきてから慌てて後退。
差し出すグラブの先を打球が越えてしまったのです。
ツーアウトと思いきや、一転。
一転一、三塁のピンチを迎えてしまいます。
ところが、このピンチを迎え福島投手の投球が冴えます。
三振と三邪飛でピンチの芽を摘み取って見せるのです。

9回表
この回から変わった鶴見大、直井投手の速球を有本選手が見事に
捉えます。
速球に弱い印象の有本選手ですが、このバッティングは見事!
ここは後続が続かずに、無得点に終わります。

9回裏
最終回のマウンドへは沼田投手が上がります。
この日は速球が走り、小細工なしの直球勝負で鶴見大に反撃の余地を与えないナイスピッチングで、逆転勝利を締めくくってくれました。

逆転勝利で2回戦に進出。
対するは、神奈川工科大学です!

最後にこの日のヒーロー
代打で同点の2点タイムリーを放った鈴木圭介選手と差を広げる2点タイムリーツーベースの石澤輔選手です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る