スペシャルインタビュー、大学野球を振り返って:酒井 唯斗

スペシャルインタビュー第二弾!大学野球生活の4年間は人生の縮図。濃密な4年間を語っていただきました。

ー宜しくお願い致します。
松蔭大学硬式野球部で過ごした濃密な4年間を、一年毎に振り返って下さい
ー1年目ー

1年生の時はベンチに入りたい、レギュラーになりたいという思いで過ごしていたと思います。
春のリーグ戦で高校のチームメイトだった侑佑や祐貴が試合に出ていたので、自分も負けていられない・・・という思いはありました。
秋のリーグ戦から少しずつ試合に出られるようになって、少ない出場機会でしたが一部で試合に出た経験は貴重でした。

ー2年目ー

セカンドのレギュラーだった春磨さんが学生コーチになったので、それからセカンドで試合に出られるようになりました。1部で10連敗した後のリーグ戦だったので、1部で勝ちたいという思いが強くあったのを覚えています。
初勝利を挙げ(神奈川工科大)、横浜商大からは勝ち点を取ったので残留出来ると思っていましたが、入れ替え戦で鶴見大に負けてしまって
二部に降格した時は、かなりショックでした。秋のリーグ戦で優勝し、雪辱を期して臨んだ入れ替え戦でも鶴見大に勝てず、悔しい思いをしました。

ー3年目ー

3年生の時は、チームとしても個人的にも苦しいシーズンだったと思います。
春・秋共に優勝を逃し、個人的にも秋のリーグ戦で全く打つことが出来ず、打率も1割くらいだったと思います。
正直3年で引退しようと思っていたのですが、一部でもう一度やりたいという気持ちとこんなみっともない成績で野球を辞められないなという気持ちで続けることに決めました。

ー4年目ー

真剣にプレーヤーとして野球をするのも「これで最後」と決めていたので悔いのないように!と思って
過ごしていました。一部でプレーしたいと思っていたので春のリーグ戦でその目標が断たれたときは落ち込みましたが、
すぐに切り替え、最後くらい優勝して「一部に上げて引退する!」という目標に変えられました。

ー思い出の試合、忘れられない試合はありますか?

そうですね・・・最後の入れ替え戦の試合も忘れ難いですが、一部で初勝利した工科大戦と
初めての勝ち点を挙げた横浜商科大戦は思い出の試合です。


ーまた、酒井さんにとっては苦い思い出でしょうが、2013年10月6日の横浜スタジアムでの桐蔭横浜戦。
あの試合のエラーから、酒井さんの中に大きな変化が生まれたように思うのですが・・・。

あの試合があったから守備力は上がったと思います。
あの試合の後から守備に対しての意識が変わり、練習でのノックやゴロ捕球など常に試合意識して取り組むようになりました。
高校の先輩である相澤さんが逆転満塁ホームランを打った直後にエラーして負けたので相澤さんには申し訳ない気持ちでしたし、
あんな思いは二度としたくないと思って練習するようになりました。

ー失敗や怪我を克服し力に変えた酒井選手。その原動力は何だったのでしょう?

試合でチームの勝利に貢献したい。活躍したいという気持ちが一番の原動力だったと思います。

ー本当に得がたい経験が詰まった大学野球生活でしたね。そんな4年間の想いを簡潔な言葉で表すとしたらどんな言葉になりますか

「感謝」ですね!

ーその言葉を選んだ理由を教えて下さい

怪我をして両親には迷惑をかけましたし、入れ替え戦の前に怪我をして万全な状態ではない自分を
最後まで使ってくれようとしてくれていた監督さん・・・。
本当に色々な人に迷惑をかけたので、「感謝」の気持ちが強いです。

ー話は変わりますが、4年時に副主将に任命されたときの心境を振り返って下さい

任命された時は手術も控えていて、練習にも参加できていなかったので
自分が副主将でいいのか・・・そんな思いがありました。

ー監督をして「賭けだった・・・」と言っていた坂井主将の抜擢。酒井さん自身はどう考えていたのか、
またどんなサポートをしてこられたのですか

祐貴のことは中学の頃から知っていて(酒井さん:上溝中、坂井さん:大沢中)、彼は中学の時主将でしたから大丈夫だと思っていました。また、サポート的なことは何もしていないですね・・・笑
プレーでチームを引っ張っていきたいとは思っていました。・・・できていたかはわからないですけど・・・笑

ー出来ていたと思いますよ!
この秋を見る限り、本当に素晴らしいチームになったと感じることが出来ました。
下級生の活躍は4年生の団結力の賜物のように思います。いい機会ですので、共に歩んだ仲間に言葉を贈ってあげて下さい
ー坂井祐貴君へー

1年間キャプテンお疲れ様!
祐貴がチームを引っ張ってくれたから最後に1部昇格できたと思う。頼りになる4番打者でチャンスの時はタイムリーを打ってくれるので、
後ろを打つものとしては楽だったよ。高校から7年間、ありがとう!

ー渡邉耕助君へー

ピンチの時に何度も盗塁を刺してチームを救ってくれましたね。
良い捕手がいるチームは改めて強いと思いました。これからお互いに教員になれるように頑張ろう!4年間、ありがとう!

ー関根徳明君へー

3年で引退しようとしている俺に「ここで辞めたら唯斗とは一生、口きかない!!」と真剣な顔で
言ってくれた関根にはとても感謝しています。必要としてくれているんだなと凄く感じました。
最後にいい思いをすることが出来たのも関根がチームを盛り上げてくれたからだと思う。本当に、4年間ありがとう!

ー千葉竜太郎君へー

高校から千葉の後ろをずっと守ってきたけど、ここまで安心して守れる投手は千葉しかいなかった。
最後のリーグ戦、苦しみながら投げている千葉のために何とか打ちたいと思ってたけど・・・いつも千葉の時だけ打つ事が出来なくて
申し訳なかった。高校から7年間ありがとう!

ー鈴木飛雄馬君へー

3年の時はよく自主練に付き合ってくれたりと部活の時は真面目なのに
学校生活になるとだらしない所が多くて、みんなによく怒られてたね・・・笑
自分でダメな所は分かってると思うので、早く直して教員になれるようにお互い頑張ろう!4年間ありがとう!


ーまた、同じように自分にも労いの言葉をかけてあげてください

自分には何て声をかけていいかわかりません・・・。逆に言葉を貰えたら嬉しいのですが・・・

ーそうですね・・・。では、私から言葉を贈らせていただきます。

高校時代から応援する事7年間・・・。あっという間でした。
松井裕樹のスライダーをバットの芯で捉えていた桐光学園戦のバッティング。
横浜高校と互角に渡り合い延長戦か・・・と思った矢先のサヨナラ被弾。「強い川崎北」を守り続けてくれた高校時代。
そして、高校時代にマウンドを争った3人が揃って松蔭大学硬式野球部に入部。
二つ上の相澤世代から最大で7人の川北出身選手が所属し、試合前のアナウンスで「川崎北高校」が連呼されるのがOBとして誇らしかったのを覚えいます。
怪我との闘いだった大学野球生活でしたが、チームにとって欠かすことの出来ない選手として直向きに取り組み
チームのために尽くしてくれましたね。
「感謝」という言葉をこのインタビューで使った唯斗・・・。こちらこそ、応援する楽しさ・素晴らしさを体験させてもらいました。
同じように感謝の気持ちを唯斗に送りたいと思います。

ーさて、質問に戻りましょう。
怪我に泣かされることの多かった酒井さんでしたが、いまだからこそ言える辛かったこと、苦労話を教えて下さい

まさか最後のリーグ戦で試合に出れなくなるような怪我をするとは思ってもいなかったので、
あの時は本当に辛かったです。野球が出来ないストレスからかは分かりませんが、入れ替え戦の前は胃腸炎にもなり
練習にすら行けなくなったので最悪でした・・・。

ー同じように怪我と戦っている後輩もいると思います。何かアドバイスを送ってあげて下さい

怪我人の時はチームのために働くことも大切だけど、自分を見つめ直せる時間でもあるので
怪我が治った時にチームに貢献する自分を想像して乗り越えて下さい!

ーこれまでも後輩たちへは言葉を伝えてきたと思いますが、改めてメッセージをお願いします

みんなも分かっているように、野球が出来ることは当たり前のことではないので
その気持ちはこれからも忘れずに、一部という最高の舞台で躍動する姿をとても楽しみにしています。
そして、いい伝統をこれからも築いていって下さい。

ー特に期待を寄せている後輩は誰ですか

今まで試合に出ていた者が中心として頑張るのは当然だと思うので、
個人的にレギュラーになって欲しいと期待しているのは宮田と大谷です!

ーそれでは、宮田君と大谷君へ言葉を贈ってあげてください

宮田には山下や柏木、新1年生の中の競争に負けないでレギュラーを勝ち取って欲しい。
大谷は野手に転向したばかりで、レギュラーを勝ち取ることは簡単に出来ることではないけれど、
関根のようにチームを盛り上げられるのは大谷だと僕は思っている。
だから、死に物狂いで頑張って欲しい。2人共、本当に期待しています!

ー大学野球で夢や思いはかないましたか・・・?

1部で優勝したり、神宮でプレーしてみたいという思いがあったので
叶える途中で大学野球を終えてしまった感じです。
なので、想いは後輩たちに託したいと思います。

ーズバリ聞きます。松蔭大学硬式野球部を選んで良かったと感じていますか?

松蔭大学を選んで本当に良かったです!
大学で野球をするか迷っている高校生には、是非松蔭大学を選んで欲しいです!

ーこれからの人生に向けた抱負をお願いします

中学校の教員になり、野球部の指導者になれるように頑張っていきます!

ー充実した大学野球生活が伺えるインタビューでした。
長いインタビューでしたが、とても大切に答えていただきありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る