スペシャルインタビュー、大学野球を振り返って:第5代主将 坂井 祐貴

松蔭大学硬式野球部を2度目の1部の舞台に引き上げ引退した、第5期世代の主将、坂井祐貴さんに大学野球の4年間を振り返ってもらいました。


ひと言では語れない濃密な4年間だったことでしょうから、1年目から順に大学野球生活を振り返って下さい。

ー1年目ー

高校までずっと続けていたピッチャーを辞めて野手になりました。
今思えばいちばん気楽に野球をしていた時期で、野手になりたての頃は何も考えていなかったので面白いくらい試合で打てました。
ですが、守備の面で悩みだしてから自信のあった打撃にも影響が出始めて打てなくなっていきました。

ー2年目ー

あまり試合で結果を残すことが出来ず悩んでいたのが2年目です。
また高校からのチームメイト(千葉・酒井・高橋)が試合で活躍する姿を見て嬉しさの反面、めちゃくちゃ悔しかったです。
早くコイツらに追いつきたいと焦っていたと思います。

ー3年目ー

2年とあまり変わらずに試合で結果が出せないことに悩んでいました。
でも自分を見つめ直そうと思ったのが3年で、グラウンドでの行動だったり声を出すことだったり、野球に関する考え方だったりを
自分なりに変えてみました。
野球の技術だけを磨いても上手くはならないってことに気付いた年です。

ー4年目ー

キャプテンを任され一気に責任が重くなりました。チームの状態も良くなく、どうやって立て直そうかを考えていました。
自分としては試合にも出れるようになり、結果も残せるようになっていき野球人生で一番楽しい1年でした。
一部で試合することはできませんでしたが、最終的にはチームもまとまり最高の形で引退することができました。

 

思い出の試合、忘れられない試合はありますか?

いっぱいあるんですけど、敢えて挙げるとしたら2年春の入れ替え戦で一部降格が決まった試合です。
試合には出ていませんでしたが本当に悔しくて家で一人で泣いたのを覚えています。

 

出ていなくとも気持ちは一緒に戦っていたということですね。あの世代もとてもまとまりのあるチームでしたね。
さて、4年間を振り返っていただきましたがその思いを簡潔な言葉で表すとしたらどんな言葉が当て嵌まりますか?

「我慢」です。

 

「我慢」ですか!その言葉を選んだ理由を教えて下さい

はっきり言って大学では良い事の方が圧倒的に少なかったです。
ですが失敗するたびに「いつか結果が出る」と自分を信じて、我慢して自分と向き合いました。

 

教職課程を専攻していた坂井さんは4年に上がる時に、野球から離れる考えもあったと聞きますが、最後まで全うした今当時の自分に声をかけられるとしたら何と言ってあげたいですか?

率直に「続けて正解だったろ!」と言ってあげたいです。

 

そして続ける覚悟を決めると主将を任されるわけですが、任命されたときの率直な心境を教えて下さい。

まず「365」という数字が頭に浮かびました。1年間キャプテンやるのか・・・長いなぁと思いました(笑)
それでもチームを絶対立て直して良いチームを作ってやろうと覚悟を決めました。

 

山際監督も正直「賭け」だったと漏らした主将抜擢でしたが、結果、間違いじゃなかったと仰っています。
なにが坂井さんをここまで成長させたのでしょうか?

いいチームを作りたいとか一部で試合がしたいという気持ちはもちろん成長の糧になったと思いますが、
一番は今まで自分を応援してくれた人達に活躍してる姿を見せたいという気持ちだと思います。4年時に野球を続けようと決めたのも
その想いがあったからです。

 

この秋の戦いを見ても、本当に素晴らしいチームを作ってくれましたね。
下級生が活躍できたのも、4年生の団結力の賜物のように思います。いい機会ですので共にチームを作り上げた仲間へ言葉を贈って下さい。

ー関根徳明君へー
関根とはいちばんチームについて話をしていました。キャプテン並みにチームの事を考えてくれて凄く助かりました。
ありがとう!

ー渡邉耕助君へー
捕手という一番難しいポジションをよく最後までやりきってくれたと思っています。
投手陣の成長は耕助がいたからだと思っています。本当にありがとう!

ー酒井唯斗君へー
高校、大学とチームメイトで一番信頼の置ける選手でした。こいつがいれば何とかなる!っていうぐらいの安定感のあるプレーで
チームを引っ張ってくれました。ありがとう!

ー千葉竜太郎君へー
高校時代はライバルとして追い抜いて追い越されての関係で、刺激しあい共に成長してきたと思います。
自分の野球人生のチームメイトで最も「エース」という言葉が似合う選手だと思います。ありがとう!

ー鈴木飛雄馬君へー
とにかく後悔しないように頑張ってください・・・笑

 

同じように、自分自身にも労いの言葉をかけて下さい

自分には特にないです・・・笑

 

今だからこそ言える、辛かった事や苦労話などがあれば教えて下さい

1年から3年にかけて全然結果がでなかったことです。

 

よく我慢し続けましたね。同じような悩みを抱える後輩もいると思います。アドバイスをしてあげて下さい。

結果が出ないとどうしても投げやりになったり、人のせいにしてしまったりすると思います。
だけど、それは間違いで「やるかやらないかは全部自分次第」周りの目なんか気にせずに自分を信じて努力を続けて下さい。

 

これまでも後輩たちへは言葉で思いを伝えてきたと思いますが、改めてメッセージをお願いします。

普段、偉そうなことばかり言ってきましたが後輩たちには本当に感謝しかありません。
最高の形で4年生を引退させてくれて、ありがとう!
野球が出来る環境に感謝して頑張って下さい。

 

また、特に期待を寄せている後輩はいますか・・・?

あえて上げるとしたら、白井投手です。
リーグ戦で戦うためにはどうしても柱になる投手が2人いると思うので、堀江とダブルエースで頑張って欲しいです。

 

それでは、白井投手に向けて言葉を贈ってあげて下さい

4年生の意地を「浜スタ」で見れるのを楽しみにしています!

 

大学野球で夢や思いは叶いましたか?

最終的には、叶ったと思います!

 

ズバリ聞きます。松蔭大学硬式野球部を選んで良かったと感じていますか?

心の底から「良かった!」と感じています。

 

これからの人生に向けた抱負をお願いします

教員になり、今まで自分を育ててくれた野球に指導者という立場から恩返ししたいと思っています。

 

最後に何か言い忘れたことがあればお願いします

松蔭大学硬式野球部はこれからますます強く、良いチームになっていくと思います。
これからも応援よろしくお願いします。

 

長いインタビューでしたが、丁寧に答えていただきありがとうございました。
これからの活躍を大いに期待しています。本当に、ありがとうございました。

ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る