1月29日:大神グラウンドレポート

穏やかな冬晴れの大神グラウンド。
グラウンド開きから3週間が経ったこの日、選手たちの現状を見に足を運んできました。

年頭に掲げたチームスローガン。

【成長】と【感謝の心】

成長に関しては、選手一人一人が自覚を持ち始め、高い志で練習に取り組んでいるのが見た目にも明らか。
「無駄」な動きが無くなり、メニュー間の引継ぎも迅速。
大人のチームになってきたと感じることが出来ます。

感謝の心の部分も、挨拶一つを取ってみても変化を感じ取ることが出来ます。
相手を敬う心が根付き始めた選手たち。
プレーにも「その姿勢」は表れ、気持ちの入らないプレーは影を潜めまてきました。

また、
「野球を楽しむ」という関根イズムもすっかり定着。
チームの雰囲気も非常に明るく、まさしく「楽しんで」野球に取り組めています。

4月1日の開幕戦を照準にそれぞれが課題を持ち、またレギュラー争いに闘志を燃やしている姿を見ると
楽しみは増すばかりです。
さらに2月4日からは、新入部員が練習に加わります。
より一層、活気が漲るグラウンドになることでしょう。

オープン戦の日程も決まり
春はすぐそこ・・・を感じることのできる風景でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る