2017年、活動スタート!

1月6日、10時。
グラウンド開きと共に、2017年度の活動がスタートしました。
約3週間の長期オフ。
顏の輪郭をややふっくらと見せる選手が多い中、この日に合わせしっかり準備を怠らなかった身体で臨む選手たちの姿も。
特にラストシーズンを1部で迎える4年生たちの動きには、強い意志を感じ取ることが出来ました。

練習の冒頭。
山際監督からチームの方針が伝えられます。

昨年の「成長」を継続しつつ、今年は【感謝】という言葉がスローガンに掲げられました。
選手全員共通の思いとして強く心に刻み、野球だけでなく普段の学生生活から「感謝」の心を忘れずに臨むこと。
「行動や言動が変われば、運命すら変わるんだ!」
感謝の気持ちが常に根付いているチームを目指すことを確認し合いました。

練習は休めた身体、細胞を目覚めさせるように入念なウォーミングアップから始まります。
うっすらと汗が浮かび、キャッチボールに移るころには
身体だけでなく、野球に対する心も目覚める始め選手たちの顔つきがすっかり変わります。
それから内・外野に分かれてノック。

感覚が思い出されてくると、あちこちから大きな声が飛び交うようになります。
キャプテンの保科君が率先して盛り上げれば、チームのムードメーカー大谷君が雰囲気だけでなく、選手の士気を高めていきます。
じっくりボールとの感覚を思い出す時間に充て、約1時間に亘るノックを終え昼食へ。

午後はロングティーの投げてと打ち手。
トレーニング組みの3班に分けてローテーションを2周。
トレーニングで徹底的に下半身をいじめられてからのロングティーでは、スイングの途中で足をつらす選手も・・・。

練習の最後に、再度監督から野球に臨む姿勢を徹底され2017年、年明けの練習が終了しました。

「人と同じことをしていては・・・競争に勝つことはできない」

その言葉を受け、早速室内練習場でもうひと頑張り体を動かす選手も。
1部の舞台は「優しい」ものではないが、このチームなら・・・。
そう期待せずにはいられない、1年のスタートとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る