新幹部ロングインタビューvol3 横田 誠弥主務編

-横田君が選手から主務になった経緯を教えて下さい

2年夏の新人戦、神奈川大学との試合で送球ミスをしてしまい、そこから自分は送球イップスになってしまいまいた。
それからというもの、野球をやるのが怖くなってしまったんです。
当時は半分・・・投げやりな感じで学生コーチ兼主務というポジションに就きました。

-主務として大変なこと、また引退していく4年生たちからどんな言葉をかけられましたか?

主務として大変なことは常に部携帯を持たなければいけない事です。
オープン戦の時の時間の確認など、細かく取らなければいけません。
また4年生たちからですが、自分はあまり言われないです(ずっと学生コーチ、主務の立場だったので)。ですが、みなさんから頑張れとは
声をかけていただきました。

-主務として、保科主将をどのようにサポートしていきたいですか?

サポートすると言うよりは、2人で共に先頭に立ってやっていきたいと思います。
自分は去年から前主将の祐貴さんと組んで練習などを教えていたので、そういった面で保科より歴があるので昨年よりもさらにプラスに出来ると思います。

-理想のマネージャー、主務像はありますか?

練習中は学生コーチとして働いているので、あまり主務だったりマネージャーとしての理想はありませんが、
自分の目標はあります。目標は【勝てるチームを作る事】です!

-チームにとって自分はどんな存在でありたいと思っていますか?

道しるべのような存在でありたいと思っています。
チームがどこを目指すのか・・?どのようにしていかなければならないのか・・・?しっかり道を作ってあげるのが仕事だと思っています。

-秋のリーグ戦を振り返って下さい

今回の秋のリーグ戦は本当に4年生の力が大きかったと感じました。
プレーというよりは、四年生一人一人の意識が高かったのでそれについていこうと思わされました。
優勝が決まるまで本当に安心できず、ずっと一人でソワソワしていました。
その分、喜びの反動は大きかったです。

-一部昇格を決めたときの心境を教えて下さい

昇格を決めた時に、もう四年生がいなくなってしまう寂しさをもの凄く感じました。
今まで以上の事をしなけれないけないので、自分自身、身が引き締まる思いも同時に感じました。
今年は、飯塚の事もあったので「絶対一部にいかないといけない!」という思いもあり、決まった瞬間はホッとしました。

-主将の保科君や、副将の井上君とどんなチームにしていくか話し合いましたか?

保科に自分の思いはしっかり伝えました。
自分たちのラストシーズンで悔いは残したくないな・・・と。
来春のリーグ戦は上を目指してやっていこうと確認し合いました。

-その保科主将はどんな人か教えて下さい

グラウンドでは行動派です。主将になってからは今までにないくらいの自覚も見えてきたので、来春に保科がどこまで主将として成長しているか自分としても楽しみです。これからを期待する一人です。

-井上副将はどんな人ですか?

本当に真面目な人間です。グラウンドでも私生活でもとても真面目なので、文句のつけどころがありません。
本人は自称「熱男」と言っているので、これからの井上のグラウンドでの熱男っぷりに期待です!

-監督や佐藤コーチと普段から話していること、言われていることはありますか?

監督からは人への伝え方だったり、選手に対して遠慮はするなと前から言われていました。
自分は感情的になり過ぎてしまい、それが行動だったり発言だったりに出てしまう事があるので、そこもよく注意されます。
佐藤さんからは(関東一高の先輩にあたる)野球の話はもちろん、いろいろ野球以外での話もよく」してもらっています。

-主務目線だからこそ感じる「松蔭大学」の好きなところ、特徴を教えて下さい

上下関係が厳しいわけではないので、しばられずに伸び伸びと野球ができる雰囲気が特徴です。

-逆に悪いところ、直さなければいけないところも教えて下さい

練習中のメリハリがまだまだ甘いところ。
勘違いしているヤツが多いところ。
同じことを何回も言われる。
すぐ固まるところ。
(さすがコーチ目線の厳しい回答です)

-来季からは再び一部ですが、どんなことを心がけて臨みますか?

やることは一部に行っても変わらないと思うし、自分たちの野球をどれだけできるかが重要になってくると思うので
その点を特に心がけてやっていきたいと思います。

-裏方としてチームを支えるのは大変だと思いますが、その原動力が何かを教えて下さい

自分自身、中途半端なことが嫌なので選手を諦め途中から学生コーチ兼主務になったといっても、やるからには悔いを残さずやろうと思いやっています。
飯塚のこともだいぶ大きいです。自分は本人とはあまり話したことはないのですが、大好きな野球を奪われた飯塚の事を思うと
野球に携わり、野球ができる以上、全力でやらなければと思ってやっています。

-高校生に向けてメッセージをお願いします

自分のやる気次第で上手くもなるし、逆を言えば下手クソにもなります。
学生野球をやれるのはこの4年間が最後なので、大学野球の門を叩いたとしたら悔いを残さずやってもらいたいです。

-応援してくださっている方々へもメッセージをお願いします

今年は春の一部の舞台に向け、今まで以上の「強い松蔭」をお見せできるよう、この冬はしっかり鍛えていきたいと思っています。
応援のほど、宜しくお願いいたします。

-最後に決意を色紙に書いて頂き、その理由も教えて頂きました-

とにかく上へ!!

一部の舞台を経験している選手はほとんどいません。なので、未知の場所でもあります。
自分たちの力がどこまで通用かも・・・未知ということです。
一部のチームにどれだけ自分たちの力をぶつけて勝てることが出来るか?
春までの自分たちの成長もまた、未知数です。ただ、とにかく「上を目指す!」という強い決意を込めこの言葉を選びました。

-長いインタビュー、本音で答えて下さりありがとうございました
こちらこそ、ありがとうございました!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る